BLOG
パン好き青年がパン職人になり、お客さまの声に喜びを感じる/月のパン屋さん 井伊さん

 

 

2021年5月5日、「焼きたてパン工房サラブレッド」の姉妹店として笠井街道沿いにオープンした「月のパン屋さん」。50種類以上の手づくりパンが並び、ナチュラルな雰囲気のお店は、いつも多くのお客さまでにぎわっています。同店で正社員として働く井伊さんに、働きはじめたきっかけ、仕事の魅力を伺いました。

 

 

未経験ながらパン作りに取り組み、半年で正社員に

 

ーーサラブレッドで働きはじめた理由を教えてください。

 

ずっとパンが好きで、パン作りに興味がありました。パン屋のアルバイトを探していたとき、サラブレッド有玉店のアルバイト募集を知り、応募。最初は、販売の仕事から始まり、パンの種類や形などを覚えたら、パンの成形担当になりました。

 

 

ーー製菓学校で学んだなど、パン作りの経験はあったのでしょうか?

 

いえ、未経験でしたが、先輩に教えてもらいながらパン作りの基礎を学んでいきました。最初は、パンの生地を伸ばしたり、あんこなどの具材を生地で包んだりといった仕事を担当しました。生地を伸ばすことは比較的早く習得できたのですが、コルネの生地のように、細長く均等に伸ばすのが難しく、先輩に教えてもらいながら少しずつできるようになり、何とか習得することができました。

 

ーー実際に働きはじめて感じたことはありますか?

 

パン作りはスピードが命なので、思っていたよりも忙しいということですね(笑)。生地を50gずつに分割する仕事があるのですが、次の生地が来るまでに手早く終えないと、生地の発酵が進んでしまいます。また、オープンにあわせてパンを並べる必要もありますし、開店後もパンの欠品が出ないように気を配っています。

 

 

ーーどれくらいの期間で担当を任されるのでしょうか?

 

人によって違うかと思いますが、僕の場合は2カ月ほどで、成形をひとりで担当するようになりました。最初は不安でしたが、分からないことは周りのスタッフがサポートしてくれたのも心強かったです。半年ほどすると、原島店が新規オープンすることになり、「正社員として働かないか」と声をかけていただきました。とてもうれしかったですし、新しい店で働けることにワクワクしました。

 

 

商品開発にも挑戦し、働く楽しさを実感

 

ーー正社員になり、原島店に移って変化はありましたか?

 

有玉店では「教えられる側」でしたが、原島店では「教える側」になったことが、一番の変化ですね。教えるのは得意ではないのですが(笑)、どうやったら相手に分かりやすく伝わるか、いつも考えながら指導しています。

 

 

ーーこの仕事の楽しさ、やりがいを教えてください。

 

自分の手がけたパンが店頭に並び、お客さまが「おいしそう」と言って買っている姿を見ると、うれしさと、やりがいを感じます。原島店では、季節ごとに新しいパンを販売しています。僕が提案し採用されたのが「春色あんぱん」。イチゴの生地にあんこを詰め、桜の形に成形し、マシュマロを3つ乗せたパンで、お客さまからも好評でした。また、新商品だけでなく、既存のパンをよりおいしく改良することも、大切な仕事のひとつです。「ハムマヨコーン」はもともと丸型のパンだったのですが、もっと食べごたえを感じてもらえるように、生地の端を残して切り開く形に改良し、当店でも人気のパンのひとつになりました。

 

ーー2年ほど勤務されていますが、ご自身が成長を感じるのはどのようなところでしょうか?

 

コンビニエンスストアやスーパーなどでパンを見ると、どうやって作っているのだろうと観察するようになりました(笑)。あと、パン作りはスピードが大事なので、効率よく仕事をするためには、何をすればいいか考えながら仕事をするようになったのは、成長といえるかもしれません。また、サラブレッドには月に1度ほど、パン作りを指導する先生にお越しいただき、意外と難しいフランスパンの成形や、新商品のパンに対してアドバイスをくれるので、とても勉強になっています。

 

 

ひとつのチームになって、みんなでお店を盛り上げる

 

ーーパン屋さんで働くにあたって、必要なスキルはありますか?

 

僕も未経験から始めたので、パンが好きであれば、技術はお店に入ってからでも学ぶことができます。むしろ大切なのは、チームワークです。パン作りの仕事は、「生地の仕込み」「成形」「窯(かま)」「販売」の流れがスムーズに行われることが重要です。お互いの仕事をフォローしながら、切磋琢磨できる人が、パン屋の仕事に向いていますし、このお店で成長できると思います。

 

 

ーー今後の夢や展望を教えてください。

 

シーズンごとに発売する新商品開発には、積極的に参加していきたいです。ただ言われたとおりにパンを作るのではなく、アイデアを考え、みんなにアドバイスをもらいながらパン作りできるのは、月のパン屋さんの魅力だと思います。既存のパンの改良も行いつつ、お客さまに「おいしい」と言ってもらえるパン作りを目指します。

BLOG一覧
パン好き青年がパン職人になり、お客さまの声に喜びを感じる/月のパン屋さん 井伊さん
2022年4月28日
詳細
年末年始の営業について(有玉店)
2021年12月29日
詳細
年末年始の営業について(原島店)
2021年12月29日
詳細